船舶免許とは

ボート免許の種類と操縦できる船

【ボート免許の種類と操縦できる船】 ボート免許は、航行できる区域や操縦できる船舶の種類によって一級小型船舶操縦士、二級小型船舶操縦士、特殊小型船舶操縦士に分かれています。
一級
※総トン数20トン未満 全長24メートル未満の船に乗れます。(水上オートバイを除く)

※航行区域は無制限

二級
※総トン数20トン未満 全長24メートル未満の船に乗れます。(水上オートバイを除く)

※航行区域は湖川と平水区域
海岸から5海里以内

二級 (湖川小出力)

総トン数5トン未満
(水上オートバイを除く)
機関出力15kw未満

※川または湖
特殊
水上オートバイ
※水上オートバイの航行区域 (陸から2海里以内)

特定操縦免許
旅客船や遊漁船など人の運送をする小型船舶の船長になろうとする方は、上記免許に加えて、 小型船舶操縦者としての業務を行うに当たり必要となる海難発生時における措置、救命設備等に関する「小型旅客安全講習」の受講を修了した「特定操縦免許」が必要になります。(ただし、旧制度の資格には、この「特定操縦免許」も含まれていましたので、受講が必要となるのは、平成15年6月1日以降の新規免許取得者の
みとなります。)